Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮
サブタイトル タイガー!タイガーアッパカーッ!秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来の書き下ろし!
newentry recentcomment アーカイブ links

‘スポーツから’ カテゴリーのアーカイブ

金足農★嶋崎監督評

2007 年 10 月 22 日 月曜日

農家でない私からすれば金足農など縁がないと思っていたが、
一度だけ校門をくぐったことがある。
中学校2年の冬。
嶋崎監督の野球教室だ。

いかにも理論派でないこの監督。
お家芸はなんとスクイズ。
今年の秋田県予選決勝の秋田高との戦いでは何度も何度もスクイズをし、
見ている我々を大いに笑わせてくれた。

しかし嶋崎監督は名将なのだ。
実際に秋田で甲子園ベスト4、ベスト8という実績を残した監督というのは彼しかいない。毎回、毎回いいチームを仕上げてきて、甲子園で健闘する。
‘84年には準決勝にて桑田&清原率いる史上最強PL学園を追い詰めたのであるから、間違いなく名将に違いない。

当時、カーブのキレが思い通りにいかずに悩んでいた私は、
この伝説的な野球人から少しでもヒントを得ようとして、
初めての野球教室で少し緊張していたが、勇気を出して質問をしてみた。
そのとき返ってきた回答は、

「まがるどおもえばまがるなだ」

「おぢあいのようになげれ」

・・・。
私は少年ながらもはなはだ疑問を抱いたものだ。
「おぢあい」とは前後の文脈から現在、中日監督の「三冠王・落合博満」氏のことを指すのは間違いないように思われたが、
彼のように投げろとはいったいどういうことなのだろう。

だって彼はファーストを守っているのであって、
ファーストが試合中にカーブを投げるなどとは見たことも聞いたこともない・・。

一応、曲がると思って投げてもみたし、
自分なりに落合のように投げてみたりもしたが、
カーブのキレはいっこうに戻ってこなかった。
あのアドバイスは私のような凡人にはどうしても理解が出来なかった。

名将の名将たる所以だろう。
来夏も期待しています。

この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com

2018 年 2 月
« 2 月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

プロフィール
     投稿者: TU
     紹介: 秋田市在住秋田人。会社を創業、 そして経営。現在30代前半。 人生の真夏。 好きなもの=「秋田」
カテゴリー
QRコード

Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮 Powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).