Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮
サブタイトル タイガー!タイガーアッパカーッ!秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来の書き下ろし!
newentry recentcomment アーカイブ links

‘創業・経営から’ カテゴリーのアーカイブ

夢屋台Project

2008 年 3 月 28 日 金曜日

中央街区の計画が少し進もうとしているらしい。
昔、ちょっと若気の至りで下手をうってしまったこともあって、
トンネルや日赤跡地系はなんとなく敬遠してきたんですが、
テレビのニュースなどを見ているにつれ、思い出した。

そういえばかつて、
「夢屋台project」という夢がモリモリの中心市街地活性化プロジェクトをやっていたことを・・・。

創業の頃、事業の企画を何本も立てて何本も書いたが、
そのうちのいくつかは実際に実行され、
それが現在の事業の基盤になっているのは言うまでもない。
これまでやってきた事業はすべて8年前、創業計画に記されていることばかりだ。

その中のひとつ。
実は秋田の中央街区に、
豊富なバリエーションのある屋台街を創ろうとしていたんです。
秋田の夜の街を盛り上げるにはいいアイデアだと思い、
いろんな人を巻き込み、企画した。
まあそんなに大儲けできるようなビジネスモデルではなかったが、
なんとか運営していけるような計画には仕上がった。
振り返って古いフォルダを探してみると、
「ノーリターン作戦」というネーミングで保存されている・・。


当時の夢屋台Project事業計画書


会社の倉庫には当時の書類がいまだに・・

秋田商工会議所の古い人なら覚えてるだろうな。
とりあえずラーメンとカクテルバー、
そして寿司の屋台を出店する事業主を応募によって確保し、
給排水設備とオリジナルの屋台キットも自社提供できるように、
県南のとある工務店と開発をすすめた。
なんと、これの全国展開まで考えていたのですよ。


試作品の屋台キット・和食バージョン


移動式でオープンカフェタイプ、トルコ式、マンハッタン式もある。

もっとも重要なポイントは用地確保だった。
当然、この計画は中心市街地でなければ意味がない。
木内デパートにも交渉に行った。
用向きは、

「木内の駐車場を夜にギラギラ輝く人であふれる
    屋台街にしたいから貸してくれ。タダとはいわない。」

ということ。
何回アタックしても代表者には会えなかった。
そのたびに秘書に、

「それは無理です」

とフツーに断られた。
仲小路のいろんな人にも協力を求める交渉に行った。
そこで利害関係の蠢く魔物の巣があることも知った。
仲小路の多くの人はこのプロジェクトに賛同してくれたが、
結局、法の規制もあって動かなかった。

そして、同じようなものがその数年後、
八戸市民の手によって八戸中心市街地にできた。
初めてその屋台街を見たときには、ほんと感動した。

やってさえいればこうして「成立」できたのだ。
今、仲小路から産業会館跡地までの夜が、
あのように屋台と人で賑わっていればどれほど楽しかっただろう。

しかしまあうまくいかなかった最も大きな要因は、
やってる私自身がそんなに乗り気じゃなかったことだろう。

そういえば「板前おにぎり屋の展開事業」などもあった・・。
サッシ屋やペンキ屋も一応、事業計画書だけは書いてみたものだ・・。
弊社の定款の目的欄にはなんと23種類の事業が記載されて、登記されている。
なかには「芸能プロダクション事業」なども・・。

まあ、「夢」がいっぱいあったってことですよ。
でも結局はITコンテンツにdash。
なんだかんだこれはこれでしっかりバランスがとれているんだな俺たち、
と思うことにしています。

この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com

2018 年 8 月
« 2 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール
     投稿者: TU
     紹介: 秋田市在住秋田人。会社を創業、 そして経営。現在30代前半。 人生の真夏。 好きなもの=「秋田」
カテゴリー
QRコード

Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮 Powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).