Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮
サブタイトル タイガー!タイガーアッパカーッ!秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来の書き下ろし!
newentry recentcomment アーカイブ links

‘創業・経営から’ カテゴリーのアーカイブ

少年の心

2007 年 12 月 12 日 水曜日

本田宗一郎や司馬遼太郎などの先人が云うに、

 「モノを創る、モノを書く、モノを企画する」

すべて仕事というのは、能力でも技術でもなく、
結局は自分の中にある「少年」の投影だと。

あなたがもし役場の窓口で住民票を発行する係で、
毎日決められたことを決められたようにしかやってはいけない
という仕事をしているのであれば、
少年の心は必要ないかもしれない。
しかしそれではあなたは一生、住民票係なのだ。
そこからぐぐっと成長するためには少年の心が必要だ。
そして先人はこうも云う。

 「技術者が保守的であるのはそれだけで犯罪だ」

クリエイティブな現場で仕事をしている人ならなおさらだ。
多少メタボが気になる年になったとしても、
ちょっと頑張ると疲労を隠せないようになったとしても、
息子が小学生になろうとしていても、
自分の中の「少年」を見失わないようにしなければ。
我が社の社名も30歳を過ぎて多少恥ずかしさを感じるようになってきたが、
意味するところはそういうことなのである。

しかし同年代の友人などでも、会社という大組織に染まり、呑まれ、
知らず知らずのうちにそれを失っている人も少なくない。
少年の心を失った人というのは、どうあれ抜け殻のように見えてしまう。

出世、ノルマ、実績、上司の評価、部下の信頼、ベースアップ・・。

それらの一つ一つに価値などないのだ。
いや、そもそも価値などなくても良いのだ。

「やりたい!」

と思ったことに対して情熱を傾けて行動する。
いろんなものはあとからついてくるのだと思う。

どんと来いや!

この記事にハッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com

JUGEMテーマ:ビジネス
2018 年 8 月
« 2 月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール
     投稿者: TU
     紹介: 秋田市在住秋田人。会社を創業、 そして経営。現在30代前半。 人生の真夏。 好きなもの=「秋田」
カテゴリー
QRコード

Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮 Powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).