Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮
サブタイトル タイガー!タイガーアッパカーッ!秋田の歴史、文化、グルメ、時事、そしてステキな未来の書き下ろし!
newentry recentcomment アーカイブ links

七尾夜歩き

2008 年 7 月 16 日 by TU

積年の念願叶って私はついに七尾に来た。
しかし皮肉にも長年求めてきたルーツは、
七尾じゃなくて昨日通ってきた金沢の地だったのだ・・。
まるで母を訪ねて三千里のマルコの心境・・。

でもいいや。
ここは歴史豊かな能登半島の中心地。
風光明媚で美酒美肴のあふれる豊かな地。
ここで旅の疲れを癒すべく飲もう!
と意気込み、駅裏の安ホテルに荷物をおいて、夜の七尾の街へ繰り出す!

しかしちょっと歩いて愕然としました・・。
街が真っ暗なんです・・。
なんでこんなに暗いのか・・。
そしてまだ早いというのにほとんど人が歩いていない・・。


人のほとんどいない七尾駅前


電気のついてる駅前の商店街も人はいない

かつては大いに栄えたこの門前町も過疎という悪魔に蝕まれているのだ。
それにしてもちょっと油断していると、
平家物語に出てきそうな落武者が柳の影からヌソッとでてきそうなムード。

相当歩いてようやく見つけた繁華街。
繁華街というよりも繁華エリアという感じだけども・・。


中畑のおじさんが酔いつぶれていそうなセットっぽい繁華街

ここで3軒ハシゴした。
一見、土地の物を食わせてくれそうなところから入った。
しかし私の目は節穴で、1軒目は失敗し、
これは回避しようと思っていた寿司屋が最もよかった。


一軒目は寿司屋のカウンター、客は私一人


申し訳ないが不潔なうえにネタの活きが良くなかった

ということは回転がよくないということ。
一杯だけ飲んですぐに出た。

次はウナギ屋へ。
別にこの酔ってるときにウナギ屋など行きたくもないのだが、
なぜかこの通りにはめぼしい飲み屋は寿司屋とウナギ屋しかないのだ。
しかもこの小さな飲み屋街にいい感じで古びたウナギ屋が2軒もある。
もしかしてここ七尾はウナギの産地なのかと思って聞いてみたら、
ウナギは浜松のヤツを使っているという。


浜松産のウナギは美味しいだろうけどもやめておいた

私が先祖のルーツを探して七尾に来たと言ったら、

「若いのにえらい!」

と、ご主人に言っていただきいろいろumaiものをサービスで出してくれた。
なんだか忘れたけどもいい酒が飲めました感謝。
会計は、ウナギを食べなかったのでとても安かった。

そして3軒目。
ここの板前ご夫婦は東北ご出身の方でとても気さくな方々。
ご覧の通り、店もきれいでネタも見るからにイイ!
やっぱり東北の人はいいね!


きれいにされてあるカウンターの陳列ケース


これがネタもいいんすよ!

店の外観がいかにもFCっぽい感じを醸し出していたし、
ヘンなオリジナル寿司とかを前面に出しているので、
旅人の私としてはここは避けたいと思っていたのだけれども、
1軒目の寿司屋があまりにもハズしたのでしょうがなく入ったのが動機。
ここには私の他にもカウンターにお客がもう二人だけいた。
貴重な旅の友。
板前夫婦、私、旅の酔客二人組と話が弾み、酒もすすむ。


七尾名産の赤螺貝

この貝は能登でよく獲れる貝だそうで、なんでも天皇陛下がお代わりしたという。
たしかにコリコリした歯ごたえでumai。
でもこれは握りより刺身がよかったかな。
1軒目ではこの貝にアジシオをふられてしまったものがお通しとしてでてきたが、
塩で味付けするならアジシオでなくてせめて能登の珠洲塩とかふって欲しかった。
まあいい、あの店のことは忘れよう。


そしてオススメのミミイカ

なんとこのオススメいただいたミミイカ。
ごらんのように耳がついているんです!


七尾ではここでしか食べられないそうです

こういう「ここでしか食べられない」というものを食べないと意味がないんですよね。
今回のhitはこのミミイカ!
しかも味もumai!!!


最後はこれが今朝、富山湾であがったという本鮪!


最後の〆としては素晴らしすぎるこの逸品!


見た目通り素晴らしい鮪でした!

最後の最後でかろうじて満足満足!
吟醸酒少々、赤西貝、ミミイカ、〆鯖、富山湾の本鮪、握りで各一貫ずつ。
これで会計も2,000円台!おそろしく良心的!

ということで眠りに着くべくホテルへ。

「七尾は寿司だ!」というわりにはどの寿司屋に行ってもほとんど閉まっていて、
もう辞めて居酒屋にしたという店も2軒あった。
小樽のようなのを想像してましたが、全然違います。
その中で、3軒目の寿司屋はかなり輝いていました。

今後七尾を訪れる旅人が、
私のように七尾寿司の名店を求めてかなりの時間、
街灯もほとんどない暗闇でさまようことがないように、次の名言を残します。

「七尾では迷わず、大将寿司に行け」


大将寿司 石川県七尾市大手町112 0767-52-1356

心に響く言葉ですね。。。

この記事にハッときたらクリックお願いします→にほんブログ村 地域生活<br />
ログ 秋田情報へ

この記事にグッときたらクリックお願いします→人気blogランキング 東北情報へ

メールはこちら → t.uppercut@gmail.com

JUGEMテーマ:グルメ

コメントをどうぞ

Trackback URL

該当する投稿は見つかりませんでした。

2018 年 12 月
« 2 月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール
     投稿者: TU
     紹介: 秋田市在住秋田人。会社を創業、 そして経営。現在30代前半。 人生の真夏。 好きなもの=「秋田」
カテゴリー
QRコード

Tiger Uppercut!~ある秋田人の咆哮 Powered by WordPress
Entries (RSS) and Comments (RSS).